お客様レビュー

ご購入商品 アイズ-ブロッカー お客様車種 ハイエース 満足度★★★★★

お客様のコメント

投稿日:2021/12/22

年間50泊以上の車中泊を楽しむバンコンユーザーです。主に道の駅やSAPA、RVパークを利用しますが駐車環境によってはリアゲートの全開を躊躇する場面が多々あります。
照明灯ポールや街路樹、壁やフェンス、ガードポストなどなど。極めつけは川っぺりの駐車場でうしろのスペースがなく、危うく川へ落ちそうになったり・・・。
そこでリアゲートを自由な角度で固定できるものはないか探していたところ本製品を発見、これだ! と思い飛びつきました。
即取付けて結果はイメージしていた通りで大正解でした!
小物の荷物の出し入れは後部バンパーの端からリアゲート下端まで約60cmの開口があれば何とか半身の体勢で対応できるので前述の場面などで活躍しそうです

取付けて動作確認しながら気付いた点が2点あります。
(1) 取付のブログがわかりやすくスムーズに取付け出来ましたが、記述通りに取り付けた場合、ハンドルの動作方向が車両側の黒色ゴムストッパーに当たる方向のため、上記の60cm開口くらいに固定するためには、
一度80cm開口ぐらいまで開いてから(本体ストッパーが上に上がるのを待って)黒色ゴムストッパーをかわした上でまた60cm開口まで戻す動作が必要と思います。
試行錯誤するうちにストッパーの固定角度によっては、ハンドルが黒ゴムストッパーに当たらず、一発で角度を決められる位置を見つけ、しばらく使ってみたいと思います。
車両の板金や金具にはギリギリ当たりませんでした。
(2) ハンドルを何回が固定、解除しているうちにクランプの緩みなのかストッパーがダンパーの円周方向に回ってしまい、位置がずれてリアゲートを閉めるときに当たるようになります。
クランプの増し締めをするもクランプのギア部の空回りでそれ以上締まりません。試しに本体Aの角(つの)の部分内側に1mmぐらいの板ゴムを挟んでさらにその上から結束バンドで締めたら回らなくなりましたので様子を見たいと思います。
改善点の参考になれば幸いです。

バイクキャリーかリアラダーを検討中で、リアゲートが下がり 荷物の積み下ろしが煩雑になるのがネックとなり躊躇していましたが
本製品に出会い、希望が見えてきました。ありがとうございました。

アイズからのコメント

アイズ-ストッパーにつき、熱く語ってくださり ありがとうございました。
とても嬉しく読ませていただきました。他のユーザー様方やご検討されている方々にも 参考にしていただけると存じます。
(1)  のご報告につきまして。
頂いた画像を拝見いたしますと、本体をもう少し時計方向周りに30度ほど回転させていただいたくらいの位置が よろしいです。
そうすることで、黒ゴムストッパーにも当たらなくなりますし、ドアを少しだけ開く状態にもしやすくなります。
アイズ-ストッパー取り付け説明ブログ  https://aizurv2.hamazo.tv/e9277437.html
の 4-1 の画像を参照いただければと存じます。
また、
「取付する際にダンパーを反時計廻りに止まるまで廻した所に取付すると
閉める際にダンパーが廻って当たっても 金具がブラケットに内側に逃げていくので
ダンパーの位置を確認しながら取付すると いい感じになると思います。」
と 装着のコツを お伝えくださったユーザー様も いらっしゃいます。
https://www.aizu-rv.co.jp/aizufr/reviewdetail/1015
ご参考にしていただければと存じます。

(2)  のご報告につきまして。
クランプを締め込むための7mmスパナを付属させていますが、長さが6cmほどですので、大きな締め付けトルクを掛けにくいかと存じます。
もしモンキーレンチなどをお持ちでしたら、そちらの方で締めこんでみていただければと存じます。

なお、お使いいただく中で、固定した際のハンドル位置が装着当初よりも上側気味になっていたり、なんだか固定力が弱くなったように感じられた場合には、
本体AとBを抱き合わせ固定しているボルトが緩んでしまっている可能性があります。
付属の3mm六角レンチを使って、本体AとBを しっかりと固定し直してください。
また、頻繁に固定しているボルトが緩んでしまうようでしたら、固定ボルトをいったん外して、
ボルトの先に「ボルト緩み防止剤」を塗付してから固定されることをお勧めします。
「ボルト緩み防止剤」の代わりに瞬間接着剤でも代用できますが、強固に固定されすぎます。
ボルトを外す場合には本体を小型バーナーなどで熱すると外せます。

PS.
現在のところ、アイズ-ストッパーは、助手席側への装着となっていますが、「運転席側の方が 都合いいんだけど・・・」のお声もいただいています。
なんとか、運転席側装着の仕様 も 製作できるメドが立ちました。 お納めしている仕様の方々のアイズ-ストッパーを運転席側に装着し直す方法を
年明けには ご案内できるように致します。運転席側装着の仕様では、上記(1) のように、ダンパーが回転することで、ハンドルとゴムストッパーと干渉する不安もなくなります。
今後ともよろしくお願いいたします。

ホーム  > お客様レビュー
ページトップ
/aizufr/