8月9日以降のご注文は、
9月上旬の出荷を予定しています。

お待たせして申し訳ありません。
何卒ご了承下さい。
今までになかった。 リヤゲート、 タープ、アイズブロッカー:AIZU-BLOCKER(アイズ ブロッカー)
雨の時でもバックドアを開けっぱなしにできる!
タープ布の挟み込みを気にせず開閉できる嬉しい新機能
アイズブロッカー:AIZU-BLOCKER
雨除け
雨降り
風除け
横風
荷下ろしで濡れない
荷下ろし
リアゲート。テント
アウトドア
日除け
日陰
※画像の一部は試作段階のものが含まれています
雨・雪・風
日差し・視線を
ブロック
ドアに
挟み込まない
DIYで
取付可能
★★購入された方からの声が届いております★★
検討の参考にどうぞ!
装着したままでタープ布を挟みこむことなくバックドアの開閉が可能です。
(特許第6862023号)

防水・速乾のタープ生地
頑丈なタープ布が
雨・風・日光・雪から荷室と人を守る

撥水機能、速乾性、ストレッチ性、耐候性、UVカット、耐久性、シワになりにくい…
そんなこだわりの生地を採用しています。
タープ生地の特徴:撥水機能、速乾性、ストレッチ性、耐候性、UVカット、耐久性、シワになりにくい… 違い:アイズブロッカー 有り無し
雨をブロック
雨をブロック:雨よけ、雪よけ
風をブロック
風をブロック:風よけ
日ざしをブロック
日差しをブロック:日よけ
視線をブロック
視線をブロック:荷室・リアゲート タープ
※画像の一部は試作段階のものが含まれています
はたらく車(職人車、仕事車)の目隠し(荷物、道具、休憩中)にもピッタリ!
アウトドアだけでなく、普段使いもOK!
日陰で快適

POINT01
挟み込まずにドアを閉められる!

新機能に注目!
ドアの開閉に合わせてタープ布が 伸縮。
タープ布を挟み込まずにバックドアを閉められます。
(特許第6862023号)
ドアの開閉に合わせてタープが伸縮
使用毎の付け外しが不要になり、挟み込みも気にしなくていいので、雨水で手が汚れることも ありません。荷物の積み下ろしや作業も快適に行えます。
バックドアタープの収納時に荷台が濡れる心配ナシ
急な雨でも慌てる必要ナシ! タープ布を外す必要ナシ!
帰る時に閉めればヨシ!
そして
タープ素材と形状、収納方法のおかげで
収納時に荷台が濡れる心配もナシ!

DIY感覚で取り付け
DIYで取り付けできる!

ホールドテープ(面ファスナー)をバックドアとボディに取付し、タープ布を装着します。
装着ボディに穴あけは不要。
装着方法:ステップ1 装着方法:ステップ1 装着方法:ステップ1
完成です!あとは付けっぱなしでOK!
付けっぱなしでOK!

よくある質問

Q.キャンピングカーですが装着に問題ありませんか?
A.ほとんどのお客様は問題なく取り付けできておりますが、
アイズ-ブロッカーを固定するバックドアのウェザーストリップモール近傍に造作物(棚や収納庫)がある場合は装着しずらい可能があります。
ご心配な方はご購入前にお問合せ下さい。
詳細はブログも併せてご参照下さい。
Q.ラインナップに無い車両に取り付ける事は可能か?
A.工夫して違う車種に流用・装着されている方々もいらっしゃいますが、 装着は簡単ではありませんし、車種専用に設計していることから 弊社としてはお勧めできるものではありません。
Q.バックドア用網戸と同時に装着が可能ですか?
A.網戸とアイズ-ブロッカーを同時装着されている方は多くいらっしゃいます。
ただ、網戸は様々なメーカーさんから発売されており、装着方法が一様ではありませんのでご心配な方はお問い合わせ下さい。
詳細はブログも併せてご参照下さい。
Q.バックドアのダンパーを交換していますが取付できますか?
A.アイズ-ブロッカーは純正ダンパー装備車両用に設計しておりますが、タープ布に伸縮性があるため、寒冷地仕様車等の強化ダンパーを装備しているお車でも、アイズ-ブロッカーは基本的には対応します。 (バックドアを跳ね上げた際の後端部高さが+15cm程度になります。) 純正品以外のダンパーについては把握しておりませんが、 標準仕様よりも+10~15cm程度までは対応できます。
車種を選択してくださいITEM
下記からお客様のお車をお選び下さい。車種がない場合は、お問い合わせ下さい。
ホーム  > カテゴリから探す  > アイズ-ブロッカー
ページトップ
/aizufr/